世間には食料品や衣類、日用品など様々なお店が数多く存在し、多くの人が日常的にこのようなお店を利用していることでしょう。このようなお店を経営する店舗運営者には、お店を経営するに当たり様々なことが求められます。お店を運営していくためにも利益を出さなければ運営を続いていくことは難しくなるでしょう。利益を出さなければ従業員に給料を払うこともできなくなってしまいます。利益を上げるために様々な方法を駆使することとなりますが、その一つの手段として商品棚にpopをつけるという方法があります。多くの店でこの方法がとられていますが、さまざまな種類があるので、実際に導入を検討する場合には自分のお店の商品棚にあったpopを選ぶことにより、それが大きな利益につながることになるでしょう。

様々な種類の中から選びましょう

様々な種類がありますが、その一つにスイングするタイプが挙げられます。これはほかのものとは違い揺れる動きを取り入れることにより、来店者が通過した際に目立たせることができ、それを知ってもらえる可能性も高くなるでしょう。そのほかにもスイングタイプとは異なり動きをつけることはできないけれども、人気がある商品であることを来店者に知ってもらうことができるプライスタイプもあります。このようなものを使うことで一定の宣伝効果が期待できるでしょう。そして基本となるスタンドタイプは、正方形の形でシンプルに情報を伝えることができるものもあれば、形状を自由にアレンジして来店者の目をひくことにつながるものもあります。そのほかにもプリズム型やブックエンド型など様々な種類が存在しています。

ターゲットを考慮してデザインを考えよう

このようにさまざまな種類があることがわかりますが、もしも導入を決めたのであればデザインを決める必要があるでしょう。デザインによっては宣伝効果を左右することになるため、よく考える必要があります。商品棚の魅力をアップさせるためのpopのデザインのコツとしては、販売するターゲットを考慮したうえでデザインを考えることが重要になります。ターゲットを明確にすることによって、適切なキャッチコピーを取り入れられることにもつながるでしょう。また来店者が見た際にわかりやすい言葉などをデザインの中に入れることで、魅力を高めることにもつながります。お店の人やメーカーは詳しい知識がある人が多く、難しい言葉を使って魅力を伝えようとする人もいますが、ターゲットが理解できる言葉を取り入れることにより、購入してもらえる期待が高まります。

「スタンドPOP・レギュラー」は、シンプルで使いやすい、自立型のPOPシートです。 問い合わせフォームからは24時間受付中、なお返信は営業時間中になります。 個別のご要望に柔軟に対応出来るため、業界問わずご愛顧いただいております。 オーダーメイドPOPで限られたスペースでお客様の視線を集め、効率よく商品をアピール。 商品の棚にpopをおいて宣伝効果を上げる。