pop広告とは商品の棚などに商品の名前や特徴、おすすめポイントなどを書いて設置する広告です。物を売るときにはその物の良し悪しだけでなく、売り方も非常に重要となります。実際に同じものを売っていてもよく売れるお店とそうでないお店があります。少しの工夫で売り上げを大きく上げられる可能性もあります。popにはその物を買う理由を知ってもらうという目的があります。そもそも買う理由がある方は何も書いていなくても買ってくれますが、買うか買わないか悩んでいる方にとって買う理由が生まれるかは重要となります。それをいかにして示すことができるかというのが書き方のポイントです。あとは色の使い方、字の特徴、簡潔さなども重要です。同じ内容でも書き方で与える印象が大きく変わることがあります。

注目させる色使いを意識するのが大事

お店にあるpopはお客さんに見てもらうことでその意味が発揮されます。足を止めて読んでくれる方を増やすことが最初の関門です。どうすれば見てもらいやすくなるかというとそれの1つの手段が色使いです。縁取りをしてみたり、色ペンで波線を書いたりするだけでも印象が変わります。スーパーなどのチラシは目が止まりやすい色使いをしています。内容の書き方でポイントになるのがシンプルさです。お店を歩いている中、棚の前で複雑な内容の文章をじっくりと読んでくれるケースは多くありません。そこで数秒であっさり読み終わる内容にしておくと多くの方が読んでくれやすくなります。何かキャッチコピーのようなものがあると効果がアップします。文字は大きめに書いておくことが大切であり、クセがあっても問題はありません。

popで訴えかける内容はどういったものか

その棚にある商品の詳しい情報や体験談、メッセージなどを入れることでアピールしやすくなります。イラストを付けることも効果的となります。何をアピールするかを決めた上で内容を考えていきます。文字数がそれほど多くないので、様々なものを入れすぎると情報が伝わりにくくなることもあります。例えば安さをアピールしたい場合はコストパフォーマンスの良さ、値下げ幅などを押し出して行きます。使う時期が限定されている物の場合はいつの時期にぴったりかを明白に書いておきます。紙を工夫するという方法もあります。和風を使用したり、筆ペンで書いたりするとまた違った印象になります。写真を用意するのも効果的と言えます。書く方がその商品に対して関心を持っていればいるほど、充実した内容になりやすくなります。