商品棚で目立つpopを作るには、スイングポップのような動きのあるものを考えるといいでしょう。動きがあると人は必ず目がそこにいきます。これは本能の働きによるものなので、必ず目がいきます。安全確認のようなものなのですが、そこで興味を引くようなものを見せることが出来れば、自然と見るようになるでしょう。ポップにする内容は細かいことを書くようなことはせず、イラストや似顔絵などのような好意を持ってもらえそうなものを書くようにします。出来れば手書きのものがいいでしょう。アナログ的な感じがするものほど人から好印象を得やすくなります。カチコチのデジタル的なものよりは、アナログで手書き感をだして、まず印象をよくすることで、見てみようかなという気にさせることが出来るようになります。

まずは見てもらう事、興味を持ってもらう事

商品の棚に設置するpopで大切なのは見てもらうことです。当然ですが、そのためには、目立つことが大切になります。一番目立つ方法は動くということです。人は何よりも動くものを見るという性質があります。これは本能で生き残るために危険はないかということを確認するからでしょう。動きがあるスイングポップはかなり目立つので有効的です。また、商品の陳列棚からポップを飛び出させるというのも有効的です。棚には綺麗に商品が並んでいるでしょうから、そこでポップだけが飛び出ていると目立つものです。すると当然それに目がいくようになります。これは綺麗に陳列がなされているところほど効果がありますから、見た目が綺麗に揃っているところで使用するといいでしょう。まずは目立つことで興味を持ってもらうようにします。

イラストや似顔絵を多用して好印象を植え付ける

popにイラストや似顔絵は相性がピッタリです。特に手書きのものは親しみやすさの演出に湯もなります。基本的に文字は出来るだけ少なくするのがいいでしょう。読んでもらうのではなく、見てもらうようにするのがポップの基本でもあります。色は原色を使って目立つようにするといいでしょう。あまり凝ったものよりは、シンプルで分かりやすいものが好まれやすいといってもいいでしょう。まずは好印象を持ってもらうということを最優先にすることです。似顔絵などが好印象を持ってもらいやすいように、広告したいものを擬人化したりして、面白いイラストなどにするのもいいでしょう。簡単で分かりやすい絵になっていると、人はそれだけで興味を持って見ることが出来るようになります。擬人化したシンプルなイラストは好印象を持たれやすいともいえます。