お店に商品を展示する時、書店であれば本棚に書籍を入れて販売を行います。一般的には本の背表紙を手前にしてお客さんが読みたい本を見つけやすくしていますが、新刊などの本を本棚に入れる時に表紙を手前にしておくと表紙デザインをお客さんにアピールが出来るなどのメリットがあります。popはお店にとってとても重要役割、お店で売っている商品の魅力を伝えるために使う道具ですが、本屋さんなどのように品物をどのように入れるかでアピールの仕方も変わります。お店で販売している品物、これはとても便利に使えます、お得なアイテムですなどを店員さんが説明する事なく陳列するだけで魅力を伝える、訴求力を与えて品物を手に取ってみたいと思わせる、これが販促品でもあるPOPの魅力と言えましょう。

POPとは安価な費用で高い効果を得られる販促ツール

お店に行くとpopに特定の品物があり、他の場所とはイメージが違っているので大半のお客さんはその場所に自然と引き寄せられる効果を持ちます。お店にとって比較的安く販売力を高める効果を持つのがpopの魅力であり、販促ツールの一つです。販促ツールとは販売を促進する効果を期待出来るアイテムです。店員さんが商品の説明をせずに棚に置いてある品物をお客さんが手に取ってみたいと思わせる効果を期待出来ます。そのため、営業ツールとしての役割がありながらも、店員さんがお客さんに対して積極的に声をかける必要もありません。お店で買い物をするお客さんの中には店員さんから何かを言われるのを嫌がる人も多くいますが、こうした販促ツールは視覚的に魅力を伝える効果を持つなどのメリットを持っています。

POPがお店に必要な理由とは何か?

何処で何を買うのかはお客さんに主導権があるため、店員さんはお客さんから声をかけられた時点で接客を行う方が買い物をする側としては安心感があります。お店の中には色々な商品が展示してありますが、数ある品物の中から1つを選んで貰うためには取り扱っている品物についての理解をして貰う必要があります。景気が上向きになると購買意欲は高くなりますが、景気が下向きの時にはお財布の紐はしっかりと閉じられ節約意識が高くなるため、お店側も様々な工夫を行わなければ売り上げを伸ばす事は難しくなります。pop棚はお店に設置しておく事で購買意欲を盛り上げられる仕掛けがあります。これはどのような品物なのか、どのような時に利用出来るのかを展示するだけで伝える事が出来る、店員がその都度説明をせずに販売活動が出来るメリットを持ちます。